プロジェクトY yokokeren.exblog.jp

オトン、オカン(私)、ケネス、ミツオ、と暮らしています(ケネスは2018年8月13日に、15歳と4か月で旅立ちました)              


by yokokaren
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

Cabbages & Condoms

d0020993_1020544.jpg
                     え~と、タイトルはタイ料理のお店の名前です。念のため!


タイに駐在していた同じ会社の駐妻たちで
年に一回程度、お食事会をしています。
その名も「コンスーワイ会」(美人の会)。はて?

この日はここ、タイ・バンコクに本店を持つ「Cabbages &Condoms」。
本店には駐在の頃、何度か食事に行きました。
名前にギョッ、とする人も多いんですが、
ここを経営しているのは有名なタイのNGO団体。
色とりどりの風船の花が店内に見事にディスプレーしてあって、
しかし、よく見ると、風船はすべてアレ。
ウエイトレスのピンクの花びらのような首飾りも、
ステキ~、と思ってよく見ると、アレ。
クリスマスツリーのオーナメントも、すべてアレ。
ここ、京都の「Cabbages & Condoms」、
まだそこまでにはいたっていませんでしたが(笑)。

なぜこのような名前に?ということですが。
この店の経営団体は、タイの貧困を撲滅するために、
家族計画、エイズの予防、農村部での雇用の創出などの
活動を行っていて、収益金は、タイの農村部の開発、教育、
奨学金、エイズ教育、環境保護、スマトラ沖地震による
津波被害の回復など様々なことに役立てています。

で、タイの人々が幸せになるためのプログラムは、
国の人々がCabbagesを市場で買うように、
Condomsも手に入れやすいものであるようにする、
また人々の意識が生活の中でいきるように、
との思いが込められているそうです。

ま、タイにいた頃はさすがにフルネームで呼ばずに、
「C&Cに行く?」なんて言い方してましたけど。
そうそう、以前、息子のお土産にカラフルなアレ入りのキーホルダーを。
それはガラスの中に押し花のようにしてあって、とてもキレイで・・・。
あの封印状態のアレ、どうしたかなあ?どうでもいいけど。

で、おいしいお料理と、一年ぶりのおしゃべりに花が咲き、
生ビールもそれぞれ二杯をほぼ一気に飲み干し、
河原町をぶらぶら・・・・GAPでセーター買って、
ベネトンひやかして、ZARAひやかして、
スタパ、満席でフラれて、
大丸で正起屋の焼き鳥買って帰りました!めでたや、めでたや~♪


d0020993_10192059.jpg
                前菜。スィートチリソースで食べる。ぽろぽろ指の隙間よりおつる・・・(笑)

d0020993_10193564.jpg
              トムヤムクン。酸っぱさ、辛さも私にはちょうどいい。が、むせてる人もいたな。

d0020993_10194538.jpg
私の大好物、ソムタム。青パパイヤのサラダです。家にパパイヤがないときは人参で作っても激ウマ!(普通家にない・・)


d0020993_1020121.jpg
私の得意料理、トートマンクン。エビのさつま揚げ。揚げたてで、とってもおいしかった・・・もう、このころはシャベリに夢中で、味も何も・・・・

*ここに、カオパット(焼き飯)があった。けど、写真を撮るのさえ忘れて、シャベリ・・・


d0020993_10312123.jpg
デザート。タイでよく見かけた色合いの?ココナッツ風味の練り菓子。もう満腹すぎて、一個残した・・・


d0020993_10202780.jpg

タイ料理店とは思えないシックな店内。落ち着いた雰囲気で、スタッフの人も感じがよく、最後まで気分のいいお店でした!場所は河原町通りから高瀬川の方に少し入ったところ。

お店のサイトはコチラから「Cabbage&Condoms


d0020993_1153353.jpg
 お店のポリシーが満載のパンフレットもあります。
                      赤い字で書かれたお箸入れもシンプルですてきでした  
                  
Commented by ピートパパ at 2007-11-17 18:57 x
う~んこの名前、慣れるまで時間がかかりそう・・・
C&Cがいいですね! で、店の由来と趣旨はこうですよ、と解説書を
テーブルに置いておくとか。
すると、料理を待っている時間に「そうか」と理解ができます。

河原町・高瀬川、ふとん着て 寝たる姿や 東山。エエ雰囲気ですね~

♪あの人の姿 懐かしい 黄昏の河原町 恋は・・・
 あの人の言葉想い出す 夕焼の高瀬川~♪

憶えてますかしらん、この歌詞。
Commented by yokokaren at 2007-11-18 09:18
ピートパパさま。
タイでは何気にさらっ、と口にできます(笑)。
そのかわり、深く考えもしない・・・
けれども、たとえばエイズに関しての知識や怖さも、
タイの人たちのほうがもっと身近なこととしてとらえてますね。ふ~っ。

♪遠い日の愛の残り火が 燃えてる嵐山 すべて・・・
 遠い日は二度と帰らない 夕闇の東山~♪

この歌聞くと、今でもオットーにときめきます!げっ!
 
by yokokaren | 2007-11-16 11:11 | Comments(2)